COSMOPOLITAN INC

Carbo e-Therm (カーボ・イーサーム)

写真:Carbo e-Therm

Carbo e-Therm

Carbo e-Therm(カーボ・イーサーム)は、カーボンナノマテリアルを利用した、樹脂ベースの水性塗料状のヒーター製品です。

ヒーターを付加したい材料に電極を形成した後、塗布して頂き、乾燥後に電源を接続する事で、塗布部分がヒーターと成ります。

特徴

下記の様な優れた特徴があります。

  • 塗料やインクの様に、手動あるいは機械的に簡単に塗布可能
  • 水性で取り扱いが容易。焼き付けも不要(一部製品を除く)
  • 曲面などにも容易に塗布する事が出来、曲面加熱が可能
  • 低電圧の使用により、電気的な安全性を確保
  • 12V/24V車両の電源や太陽電池などの低電圧電源を使用可能
  • 簡単な電気配線
  • メンテナンスフリー
  • 低電圧で高効率、ハイパワー
  • 温度の立ち上がりが非常に速い
  • 大面積を「ホットスポット」無しで均一に加熱
  • 最高使用温度の異なる5種類の製品群(最高温度500℃まで)

採用されている業界・業種・製品など

  • 工業機械・装置
  • 建築・土木・建築設備
  • 車両
  • 航空・宇宙
  • 介護・医療
  • 食品(調理・保温・加温)
  • エネルギー供給関連
  • 凍結・氷結防止
  • その他

従来の発熱体との比較

Carbo e-Thermは従来の発熱体などと比較して、下記の様な優れた特徴があります。

  • ホットスポットの無い均一な発熱(熱を均一化するバッファー不要)
  • 材料に完全密着して発熱する為、熱を無駄にせず、高効率な加熱が可能(省エネ化)
  • 断線に強い。(従来品は、一か所の断線で全損)
  • 薄型化、軽量化が容易に実現可能
  • 柔軟性に優れる
  • 樹脂、皮革、織物、石、木材など、様々な素材に直接ヒーターを付加できる
  • 金属などの導電性の素材には、電気絶縁の下塗りをする事で適用可能
  • 塗膜厚を調整する事で、発熱の分布を変える事も可能
  • 電極を電極の間に追加する事で、ヒーターの発熱範囲を区分化できる

基本的な使用方法

電極の取付

  • ヒーターを付加する素材に電極を取り付けます。
  • 電極は金属テープ、編素線、銀ペースト等が使用できます。

Carbo e-Thermの塗布・乾燥

  • 電極を覆う形でCarbo e-Thermを塗布します。
  • 印刷、スプレー、塗工機、ローラーなどによる塗布が可能です。
  • 塗膜厚さは、50~200μm程度を推奨します。
  • 塗布厚さ、電極長さ、電極間距離で電極間抵抗値が変わります。
  • 塗膜厚さの均一性が、発熱の均一性につながります。
  • 乾燥は自然乾燥にて24時間です。(強制乾燥も可能)

電源を接続して使用します

  • 直流・交流電源共に使用可能です。
  • 低電圧電源の使用を推奨します。
  • 必要に応じて塗付面の保護、絶縁処理、断熱処理を行なってください。

Carbo e-Therm 製品群

Carbo e-Therm 製品型番
ACR-100 1W PUR-120 1W ACR-180 1W PUR-200 1W WGS-500 1W
塗布乾燥後の製品特性
使用温度範囲 -18℃~100℃ ~120℃ ~180℃ ~200℃ -20℃~500℃
柔軟性 ×
ディスパージョンの製品特性
使用樹脂など アクリル ポリウレタン アクリル ポリウレタン 水ガラス
溶媒ベース
製品形態 1液性 1液性 2液性 2液性 1液性
推奨最低層厚 50μm 40μm 50μm 40μm 60μm
焼き付け工程 不要 不要 不要
保管寿命 6カ月 6カ月 6カ月 3カ月 6カ月

(注記)
製品の詳細は、お問い合わせください。
記載の内容は予告無く変更する事があります。

参考写真

写真:サーモカメラ画像

サーモカメラ画像

パネルヒーター
アクリル板300×400mm

写真:サーモカメラ画像

サーモカメラ画像

フィルムヒーター
ポリプロピレンシート300mm角

写真:ユニットバスFRP浴槽

ユニットバスFRP浴槽

裏面に塗付し、お湯の保温や再加熱が可能
(国際ナノテク展2012・2013、産業交流展2012に出展展示)

写真:自動車ドアパネル

自動車ドアパネル

肘掛周辺が温かくなります。床面や足まわりにも適用する事で、車内暖房が可能
(国際ナノテク展2012に出展展示)

写真:SUS及び銅配管

金属配管(写真はSUS及び銅配管)への適用例

凍結防止、結露防止、内容物の加熱など
(国際ナノテク展2013に出展展示)

写真:樹脂製椅子に塗付した例

樹脂製椅子に塗付した例
(展示会用サンプル品)

塗るだけで温かい椅子に成ります。実用品とする為には、裏面に断熱処理などが必要になります。

写真:風力発電ブレードの氷結防止

風力発電ブレードの氷結防止

ブレード前面に塗付した事例です。
氷結を防止し、安定した風力発電能力を維持します。

ページの上へ